スタバで大失敗の巻

 早朝、名古屋から新幹線に乗車。座席に腰を下ろし、スタバで買ったカフェアメリカーノのショートサイズとあんバターサンドをテーブルの上に乗せ、くつろいだ気分で京都へ向かいました。ちなみにカフェアメリカーノとは、エスプレッソをお湯(アイスの場合は水)で割ったものです。

 京都での用事を済ませ、帰りの新幹線に乗る前に京都駅構内のスタバへ立ち寄り、カフェアメリカーノのトールサイズとアーモンドフロランタンを注文しました。スタバの女性スタッフがカフェアメリカーノを作り終えてカップにトールサイズ用の蓋をはめようとしたのですが、蓋がはまりません。あれっ?おかしいな、何でだろうと思ってよく見ると、トールサイズだと思っていたカップが実はグランデサイズ用(トールサイズの次に大きい)だったからでした。女性スタッフが「1分ほどですぐに作り直しますので・・・」と私に言うのですが、いや、トールサイズの値段でグランデサイズが飲めるならラッキーじゃん、と考えた私は、作り直さなくてもそれでいいですから、と言って受け取りました。トクしたなと内心ほくそ笑みながら新幹線に乗車し、おもむろにコーヒーを啜ってみたところ、味が薄い・・・。そこでようやく私も気が付きました。トールサイズ用のエスプレッソをグランデサイズの湯量で割ったら、そりゃぁ薄く感じるわけだ。液体の量はトールサイズが350mlでグランデサイズが470mlなので、正規の濃さよりも約34%ほど薄いことになります。トクしたな、と考えた私が浅はかでした。こんな失敗は二度としないように気を付けたいです ^^;)