スタバの豆に辿り着いたわけ

 コーヒー好きの私は、自分の好みの豆を探し求めていろんなお店を回っては購入し、あるいはネット通販で取り寄せて飲んできました。今のところ、スタバの深煎り豆(イタリアンロースト、フレンチロースト、エスプレッソロースト)が取り敢えずは私の好みに一番近いという暫定的な結論に達しました。この結果は意外でした。スタバの豆なんて工業的に大量生産しているでしょうから、そんなものよりも日本国内で小規模で丁寧に焙煎された豆の方が美味しいに違いないと思っていたからです。どうしてこだわりの自家焙煎の豆が、大量生産品に負けてしまうのか。

 ここでチョコレートを例に挙げてみます。チョコレートの原料であるカカオ豆には幾つかのグレードがあって、グレードが高い豆は欧米のメーカーへまずは優先的に回されるらしいのです。それは欧米のメーカーの方がカカオ豆の産地やそれを扱う業者との結び付きに長い歴史があるからです。そして日本へ回ってくるカカオ豆はグレードが低い豆になります。ヨーロッパの規格ではチョコレートに添加して良い香料はバニラだけですが、日本ではチョコレートにチョコレート香料を添加することが認められています。何故ならば、カカオ豆のグレードが低いのでチョコレートの風味が弱いからです。

 カカオ豆と同じようなことがコーヒー豆の取引でも起こっているのではないかと思います。即ち、グレードの高いコーヒー豆は欧米へ優先的に回され、日本へ入ってくるのはグレードの低い豆なのではないか。カカオ豆と同様、コーヒー豆の取引においても、日本よりも欧米の方が長い歴史がありますから。コーヒーの美味しさを決める要素は大まかに言って「豆の品質、焙煎、抽出」の3つがあり、それぞれが美味しさに寄与する割合は7:2:1と言われています。つまり、豆の品質で美味しさの7割にが決まってしまうということです。豆の品質さえ良ければそれだけで、焙煎と抽出の技術が平均的であっても美味しいコーヒーになり、逆に豆の品質が良くなければ、いくら頑固オヤジ風の職人がこだわり抜いて焙煎したとしても美味しいコーヒーにはならないということです。スタバのコーヒー豆は一部に日本国内で焙煎した豆がありますが(東京ロースト)、大部分はアメリカで焙煎されパッケージに入れられた豆が輸出され日本で店頭に並びます。アメリカでは当然のことながらグレードの高い豆が調達できますから、美味しいコーヒー豆になる。だからスタバで売っているコーヒー豆は美味しいのでしょう。

 最近では日本の焙煎業者がコーヒー農園と直接取り引きすることが徐々に増えてきているようです。そういったことを積み重ねていき、いずれは日本でも欧米並みのグレードが高い豆が流通し、美味しい豆が簡単に手に入る日が来ることを願っております。

自由律俳句

 『カキフライが無いなら来なかった』という文庫本を読みました。又吉直樹さんとせきしろさんの共著で、お二人が作った膨大な数の自由律俳句と又吉さんのエッセイが幾つか掲載されています。

 私は俳句に関しては全く知識が無いのに、自由律俳句となると更に分かりません。この本に載っている自由律俳句はあまりにも自由過ぎてどう評価すれば良いのか分かりませんでした。自由律俳句と言っても、それなりに何かルールがあるだろうに、いくら「自由」と言ったって、自由にもほどがあるだろうと思いました。

 一般的な俳句においては、五七五という制約があるからこそ、うまく五七五に収まった時にはそれが高い評価に繋がるのでしょうけど、その制約をとっぱらって、尚且つ季語も無かったりすると、もうどう受け止めれば良いのか困惑してしまいます。もともと俳句というのは「引き算」であり、表現したい概念を表す言葉を削って削って残ったのが俳句になるのでしょう。五七五でも字数が多くて更に削る場合、それが結果的に自由律俳句になるのなら良いのでしょうけど、端から何の制限も無いのは如何なものかと思います。削って削って残ったエッセンスの結晶のような言葉から、今度は読者の側がそれをもとにイメージを膨らませていき、まるでフリーズドライの味噌汁にお湯を加えて戻すようにして、作者が抱いた思いを読者が味わうのが俳句であり、それは自由律俳句においても同じだと思うのですが、今回の自由律俳句は「お湯を加えて戻しても」、作者が抱いた思いに辿り着けなかったように思います。と言いつつ、この本の続編である『まさかジープで来るとは』も読んで、更に困惑しつつも理解するきっかけを掴みたい気持ちもあります。

まさかジープで来るとは (幻冬舎文庫)

まさかジープで来るとは (幻冬舎文庫)

 

 

 

ギターの種類

 エレキギターの形状は、フェンダーストラトキャスタータイプとギブソンレスポールタイプという2種類が主流です。どちらにもそれぞれの良さがありますが、私としてはやはりエディ・ヴァンヘイレンが使っていたストラトキャスタータイプを選びたいです。本音を申せば、赤色の地に黒と白のラインが入った独特のデザインを施したエディのギターのレプリカが欲しいのですが、全くの初心者が手にするのはちょっとまずかろうという気がします。価格はネットで少し調べた限りでは安いものは13万円ぐらいから、高いものだと数十万円のものが出回っているようです。流石にいきなり数十万円のギターを買うような愚かなマネは致しませんが、もう少し安い価格帯のものをいずれは手に入れたい気持ちはあります。

f:id:tsuiteru2772:20201122061803j:plain

 

リバーテーブル

 以前ネットで何かを検索している時に、期せずして「リバーテーブル」というものに遭遇しました。リバーテーブルとは、2枚の木の板の間に水色や青色のエポキシ樹脂を流し込んで固めたもので、まるで大地を流れる川のように見える、というものです。欧米から日本に入ってきたそうですが、こういう発想は、どこか盆栽と通じるものがあり、日本人の心との親和性は高いように思えますが、その割には実際に見かけたことはありません。アマゾンでは一応取り扱っているようでした。店内のテーブルの全てがリバーテーブル、というカフェがあったら是非一度訪れてみたいです。

 

レッスンとか

 先日のブログにギターを買いたいと書いたり、グーグルでギターに関することを色々と検索したせいで、私のスマホやパソコンににギター関連の物やサービスのネット広告がジワリジワリと増えてきました。中にはレッスンの広告もあります。確かに、私も当初は、ちゃんと学ぶのであればヤマハの「大人の音楽教室」みたいなところへ通うべきかなと思っていました。しかしこのコロナ禍ではグループレッスンも個人レッスンもやめた方が良さそうです。オンラインレッスンというのもあるらしいですが、あまり乗り気はしません。そういうふうにお金をかけなくても、ギターレッスンの動画がユーチューブ上にたくさんあるので、まずはそちらを試してみるのが良さそうです。普通であれば当然料金が発生するような内容の動画を無料で見ることが出来るのは嬉しいです。あと、超簡単な入門書にも一応目を通しておきたいです。(と言いつつ、ギター本体はまだ購入していないのですが ^^;)