ピザ

 ウーバーでピザを注文しました。どうせすぐには届かないだろうと思っていたら、20分ほどで配達されました。ビーフやポークは食べないようにしている私なので、今回もマルゲリータにしました。そしてあっという間に完食。これで3,000円もするのかと、納得がいかない気持ちがいつにも増して強く湧き上がってきました。世の中には3,000円出せばもっと美味しいものはいくらでもあるのに、と馬鹿らしくなってきたので、次にピザを食べたくなった際には自分で作ってやろうかと思いました。有名なピザレストランのように専用の大きな窯で焼く本格的なものには及ばないにしても、一般の宅配ピザのレベルなら特に技術も必要ではなさそうだし、具材だって好きなものを好きなだけのせられるし。ピザを焼くためのホットプレートみたいな物がアマゾンで売っているので、こういうのがあれば簡単に焼けそうですが、保管場所に困ることになりそうなので、取り敢えずはガスオーブンで焼いてみようか。

 

アマチュア・ミュージシャン


www.youtube.com

 インスタでフォローしているアマチュアミュージシャンの中にメキシコの姉妹(たぶん)がいます。まだ小学生ぐらいで、お姉さんがギターで妹がドラムを担当しています。お姉さんのギターは上手で、今後更にうまくなっていくことを予感させるような演奏です。妹のドラムはとてもエネルギッシュで、よくこんなに力一杯、全力でドラムを叩けるモンだなぁと感心してしまいます。ただ、この子達はちゃんと学校に通って勉強しているのだろうかと心配にもなります。 もう一人のアマチュアミュージシャンはロシアのドラマー。とても綺麗な人ですが、ドラムを叩き始めると人が変わったように、音楽と一心同体となって、一心不乱に演奏している姿を見ると、ドラム演奏が好きでたまらないか、クスリをやっているかのどちらかだろうなぁと思ってしまいます。

www.youtube.com

コーヒーの酸味

 昨夜の晩御飯を全く食べなかった母を見て、これは何か健康上の大きな問題があるかもしれないと心配になったので、会社を休んで病院へ連れていきました。取り敢えず採血をして検査してもらいました。結果はまた後日。

 その他にも母や父や、更には叔母に関することまで私が対応せねばならず、バタバタと忙しい一日でした。途中で、こちらまでどうにかなってしまいそうでしたので、カフェへ行き暫し休憩。コーヒーとプリンを頂きました。コーヒーはペルー産の豆を選択。中深煎りぐらいの豆なのですが、浅煎りのような強い酸味が感じられて、好きなタイプではありませんでした。このカフェは以前にも増して酸味の強いコーヒーが多くなってきており、どうしてなのか疑問。スタバのようなエスプレッソ系の苦味が強くて酸味が無いコーヒーに対抗してやろうという意図なのかな。コーヒーは本来適度な酸味があってこそ美味しく感じられるものであって、そういうコーヒー文化をスタバなんかに壊されたくないという考えなのかもしれません。

 

カフェ

 インスタでカフェが紹介されていることがよくあり、最近その中に「行ってみたいな」と思うお店が2つありました。ひとつは、御殿場の乙女峠にあるカフェ。この峠からの富士山の眺めは素晴らしくて(晴れていればですが)、こんな富士山を眺めながら飲むコーヒーはきっと他では味わうことができない格別な美味しさに違いありません。もうひとつは、西宮にあるボーダーコリーが店番をしているカフェ。私は以前からボーダーコリーに特に思い入れがあったわけではないのですが、ある飼い主さんのインスタのアカウントをフォローして頻繁に見ているうちにボーダーコリーという犬種に愛着が湧いてきたのでした。もう随分と歳をとった犬のようで、動きはのっそりとしていますが、そんなボーダーコリーと同じ空間で過ごすひと時に癒されそうな気がします。画像や動画で見る限りでは、そんなに混雑してなさそうなのですが、実際にはどうなのだろうか。名古屋からだと新幹線を使って2時間ほどで行けそう。

ショート動画より

 岡田斗司夫という人は特に好きではないのだけれど、ユーチューブに入ってくるの彼のショート動画を見ることがたまにあります。大抵はさほど印象に残らないものばかりなのですが、先日はじめて「面白いな」と思うショート動画がありました。岡田氏曰く、20代30代の楽しかった頃が人生のピークだと思っている人が多いが、それは間違い。20代30代なんて映画で言えばA〜DのパートうちのAに過ぎず、まだ様々な伏線を仕掛けている期間。60代以降になってそれらの伏線を回収していくことになり、ああ、あの体験にはこんな意味があったのか、という気付きが連続して起こり楽しくて仕方がないのだそうです。こういう見解はこれまで聞いたことが無くて、とてもユニークだし、普段から私がぼんやりと抱いていた人生に対するイメージを明確に言葉で言い表してくれ、納得したのでした。そして年齢を重ねていくことをとてもポジティブに捉えることができそうだし、これから起こるであろうことにワクワクします。しかし、その楽しさを享受するためには、やはり身体が健康でないといけないので、これからも健康には留意せねばと思いました。


www.youtube.com